近年は、女性エンジニアの活躍ぶりについても大きく取り上げられるようになってきました。実力次第の世界であることが背景にあることは間違いありません。ありとあらゆる分野において、男性以上の結果を残す人が増えているのは、日本経済にとってもプラスになっていることはいうまでもないでしょう。
国策ともいうべきかたちで進められているのが、女性が光り輝く社会やワークライフバランス・一億総活躍社会などの取り組みとなっています。日本では、まだまだ男性社会の名残があるといわれていますが、徐々にその流れに変化が見えているのも事実です。いまや、先進国と呼ばれる国では女性管理職や経営者などが多くなってきており、政治や経済の中枢を担うケースも多くなっています。むろん、実力が伴っていればこその話です。卓越したスキルやノウハウ、揺るぎない精神力が必要となります。
さまざまなカテゴリーにおいて価値観が多様化する今、エンジニアを取り巻く環境も例外ではありません。刻一刻と変化を遂げる中で、柔軟性を持った対応が求められています。過去の成功事例や固定概念に縛られることがないよう配慮することも必要です。ネットワークサービスの充実ぶりが人々の生活に恩恵をもたらしていることは事実ですが、その真偽を見極める力も求められています。エンジニアの世界においても、理想と現実のギャップがあることを声高に叫ぶ人もいますが、それも乗り越えてこその世界だということを肝に銘じるべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です